コラム

フレックスタイム制で残業代が発生する場合とは

フレックスタイム制を導入した場合,フレックスタイム期間における法定労働時間の枠を超えた時間が時間外労働となり割増賃金支払い義務の対象となります。 フレックスタイム制を採用することで,労働者の判断で,業務量に応じて弾力的に労働時間を調整する...
コラム

変形労働時間制でも残業代は発生する

繁閑の差が大きい業種においては,変形労働時間制を導入すれば,繁閑に合わせて所定労働時間を自由に設定できるため,使用者側のメリットは大きいです。 一方で, 1日8時間や,1週間40時間以上の労働をしていても時間外割増賃金を支払う必要は...
コラム

裁量労働制のもと残業代請求が認められるためには

裁量労働制には,「専門業務型」と「企画業務型」の2種類がございます。これら裁量労働制が認められると,実労働時間にかかわらず「みなし時間」だけ労働したものとみなされ,みなし時間が1日8時間を超えない場合には,時間外労働に対する残業代を請求す...
コラム

事業場外みなし労働時間制の主張が認められる場合

労働者の実労働時間の主張に対して,使用者が「営業職にあるためみなし労働時間制が認められる」といったみなし労働時間制の主張をすることがあります。 この事業場外みなし労働時間が認められると,実労働時間に関係なく所定労働時間が労働時間とみ...
コラム

歩合給でも残業代の支払い義務は免除されない

歩合給制を導入している場合,会社側から,「歩合給なので残業代はその中に含まれている」といった反論が見受けられます。 まず,歩合給の場合の割増賃金の計算方法に簡単に触れたうえで,歩合制のもとで,一定額が残業代の支払い分として有効となる...
コラム

年俸制のもと残業代の支払い義務が免除される場合とは

年俸制を導入している場合,会社側から,年俸制は成果主義的な賃金制度の性質を有しているため残業代はその中に含まれているといった反論が見受けられます。 まず,年俸制であることそれ自体を理由に残業代の支払い義務は免除されるのかについて検討...
コラム

固定残業代が有効となる要件

企業によっては,労基法37条に定める計算方法で算出される残業代の支払いに代えて,名目は様々ですが,定額手当てを固定残業代として支給していることがあります。 この固定残業代は,特に,時間外労働が恒常化している業態については,都度,残業...
コラム

残業代請求の消滅時効は当分の間は3年間に延長へ

残業代を含む賃金請求権の消滅時効期間について,改正民法の施行に合わせて,令和2年4月1日より2年から3年に伸長されることになります。 ただ,3年間の時効期間が適用されるのは,施行日以降に,賃金の支払期日が到来する賃金請求権からとなり...
コラム

残業代請求に必要となる証拠とは

残業代請求をする際に,請求する側として,どのような証拠を準備する必要があるのか,その証拠が無ければ請求は認められないのか,どのように証拠を収集していけばよいのか,について解説いたします。 残業代請求の立証責任 残業代請求事...
コラム

休憩時間は残業代請求において労働時間としてカウントするのか

休憩時間は,労働者が時間を自由に利用することが保証されているため,残業代請求をする際,労働時間にはカウントしませんが,手待時間は,業務と業務の間の待機時間であり,労働時間としてカウントすることになります。 では,具体的に,どのような...
タイトルとURLをコピーしました