千代田中央法律事務所
サービス残業代の請求は法律で定められた正当な権利です
弁護士による無料相談実施中03-3265-4981

残業の指示が無い場合

会社から残業する旨の明示の指示はなく残業をしていたのですが、この場合でも残業代を請求することは可能ですか。

明示の残業の指示がなかったとしても、会社側が残業の事実を把握していた場合には、黙示の指示があったとして残業代請求できる可能性があります。

業務日誌を使用者に提出していた場合や、タイムカード等から使用者側が当然に残業の実態を把握していたといえる場合には、残業の黙示の指示があったと認められやすくなります。

ただし、就業規則で明確に残業を禁止しており、例外的に申請・承認手続きを経た場合のみ残業ができる等の規定がある場合には、残業代請求することができない可能性もあります。

詳しくは、事務所までお問い合わせください。

電話での無料相談ははこちらから03-3265-4981(受付)
無料相談の申込みはこちらから
Copyright (C) 2011 残業代請求の法律相談
. All Rights Reserved.