千代田中央法律事務所
サービス残業代の請求は法律で定められた正当な権利です
弁護士による無料相談実施中03-3265-4981

固定残業制・各種手当があっても残業代請求は可能

固定残業制度を導入しており、残業の有無・時間に関係なく残業代として、毎月一定額が支給されている場合でも、残業代を請求することはできますか。

A.毎月一定額の固定残業代が支払われていたとしても、実労働時間により算出される割増された残業代が固定残業代を超える場合には、その超過した差額を請求することができます。

会社側が、残業代については、各種手当(営業手当等)として支払っているので、それ以上に支払う必要はないと主張していますが本当でしょうか。

A.このような会社側の主張が認められるのは、各種手当が残業代として支払われていることが明らかな場合、すなわち実労働時間を基準に割増残業代が計算され、その対価として各種手当が支給されていることが明らかな場合等に限られます。

また、各種手当が残業代の支給としてなされていたとしても、実労働時間から算出される割増された残業代の方が上回る場合には、その差額については当然請求することができます。

電話での無料相談ははこちらから03-3265-4981(受付)
無料相談の申込みはこちらから
Copyright (C) 2011 残業代請求の法律相談
. All Rights Reserved.