サービス残業代の請求は法律で定められた正当な権利です
弁護士による無料相談実施中 03-3265-4981(受付)
  1. HOME
  2. 残業代請求の流れ
  3. 残業代請求に必要な資料
  4. 残業代の計算方法
  5. 相談・依頼方法
  6. 弁護士費用
  7. 無料相談申込み
 
  1. 残業代請求について
  2. 残業代請求の流れ
  3. 残業代請求に必要な資料
  4. サービス残業代の計算方法
  5. 残業代請求の留意点
  6. 管理職でも残業代請求は可能
  7. 固定残業制・各種手当が
    あっても残業代請求は可能
  8. 年俸制でも残業代請求は可能
  9. 残業の申請をしていない場合
  10. 残業の指示が無い場合
  11. 残業が禁止されている場合
  12. 弁護士費用・依頼に
    ついて
  13. 相談・依頼方法
  14. 弁護士費用
  15. 弁護士紹介
  16. 地図・事務所概要
  17. 無料相談申込み
  18. 千代田中央法律事務所
    ブログ
  19. 残業代請求最新情報

残業が禁止されている場合

会社は従業員に残業することを明示的に禁止しており、また残業しないように指示していましたが、このような場合でも残業をしていれば残業代請求することはできますか。

 

割増された残業代が発生する労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下にある時間又は使用者の明示又は黙示の指示により業務に従事する時間をいうとされています。

 

したがって、明示的に残業を禁止していたり、残業しないように指示していた場合には、実際に残業をしていたとしても残業代請求できない可能性が高いです。

 

ただし、具体的事情によっては、形式的に残業を禁止していても、会社側が残業の実態を認識しており、かつそれを黙認していたという事情があれば、残業について黙示の指示があったといえ残業代請求できる可能性もあります。

ご相談方法

「無料相談申込み」フォームから、または電話で当事務所までご連絡ください。

残業代請求について、弁護士が無料で相談に応じます。

電話で無料相談をご希望の方

以下の無料相談窓口に直接ご連絡ください。

電話での無料相談ははこちらから03-3265-4981(受付)

その際、「残業代のホームページを見て無料相談をお願いします。」とお伝えいただければ担当弁護士におつなぎいたします。


Eメールで無料相談をご希望の方

以下の無料相談申込みフォームから必要事項をご記載しメール送信してください。

折り返し、担当の弁護士がご連絡いらします。

無料相談の申込みはこちらから
(クリックしても、自動的に送信されることはなく、お問い合わせ・無料相談申込みフォームへ移動するだけなので、ご安心ください。)