残業代の請求は法律で定められた正当な権利です
弁護士による無料相談実施中 03-3265-4981(受付)
  1. HOME
  2. 残業代請求の流れ
  3. 残業代請求に必要な資料
  4. 残業代の計算方法
  5. 相談・依頼方法
  6. 弁護士費用
  7. 無料相談申込み
 
  1. 残業代請求について
  2. 残業代請求の流れ
  3. 残業代請求に必要な資料
  4. サービス残業代の計算方法
  5. 残業代請求の留意点
  6. 管理職でも残業代請求は可能
  7. 固定残業制・各種手当が
    あっても残業代請求は可能
  8. 年俸制でも残業代請求は可能
  9. 残業の申請をしていない場合
  10. 残業の指示が無い場合
  11. 残業が禁止されている場合
  12. 弁護士費用・依頼に
    ついて
  13. 相談・依頼方法
  14. 弁護士費用
  15. 弁護士紹介
  16. 地図・事務所概要
  17. 無料相談申込み

残業代請求に必要な資料

残業代請求するにはどのような資料を用意する必要があるのですか?
労働時間を算定するのに、タイムカード・IDカードは重要な証拠となりますので、タイムカード・IDカードによって時間管理が行われていた場合には用意してください。
タイムカード・IDカードを利用していなかったとしても、業務日誌・電子メールの送受信時間・パソコンのシャットダウン時間・メモ等がありましたら、労働時間算定の証拠となりますので用意してください。
また、残業代の金額算定は給料をもとに計算しますので、給料等の金額が分かる資料をご用意ください。
例えば、雇用契約・労働条件通知書・就業規則・賃金規定・給料明細(残業代請求する期間分)をご用意ください。

 

残業代請求するには、残業代算定の根拠となる労働時間を確定させるための資料が必要となります。

 

そして、労働時間算定の資料としてタイムカード・IDカードは客観的に出退勤時間が打刻されていますので、最も有力な証拠となります。

 

そのため、タイムカード・IDカードによって労働時間の管理がなされていた場合には、証拠として用意していただくと有利に残業代請求をすることができます。

 

タイムカード・IDカードで労働時間の管理が行われていなかったとしても、出社時間・退社時間を推認できる資料があれば、ある程度労働時間を推定することができますので、残業代請求することはできます。

 

出社時間・退社時間を推認する資料としては、業務日誌・電子メールの送受信時間・パソコンのシャットダウン時間・メモ等があり、それ以外でも労働時間を推認できる資料であれば何でも問題ありません。

 

ただし、本人の作成したメモや日記等は、タイムカード・IDカードに比べると証拠としての価値は低いと言えますので、メモ・日記に記載された労働時間に対する残業代請求がすべては認められない可能性もあります。

 

また、残業代の金額算定は給料をもとに計算しますので、給料等の金額が分かる資料をご用意ください。
例えば、雇用契約・労働条件通知書・就業規則・賃金規定・給料明細(残業代請求する期間分)をご用意ください。

 

これらの資料は、できる限り事前にご用意いただき面談の際にご持参ください。
事前にご用意いただければ、残業代請求手続きを迅速に進めることが可能になります。

ご相談方法

「無料相談申込み」フォームから、または電話で当事務所までご連絡ください。

残業代請求について、弁護士が無料で相談に応じます。

電話で無料相談をご希望の方

以下の無料相談窓口に直接ご連絡ください。

電話での無料相談ははこちらから03-3265-4981(受付)

その際、「残業代のホームページを見て無料相談をお願いします。」とお伝えいただければ担当弁護士におつなぎいたします。


Eメールで無料相談をご希望の方

以下の無料相談申込みフォームから必要事項をご記載しメール送信してください。

折り返し、担当の弁護士がご連絡いらします。

無料相談の申込みはこちらから
(クリックしても、自動的に送信されることはなく、お問い合わせ・無料相談申込みフォームへ移動するだけなので、ご安心ください。)