サービス残業代の請求は法律で定められた正当な権利です
弁護士による無料相談実施中 03-3265-4981(受付)
  1. HOME
  2. 残業代請求の流れ
  3. 残業代請求に必要な資料
  4. 残業代の計算方法
  5. 相談・依頼方法
  6. 弁護士費用
  7. 無料相談申込み
 
  1. 残業代請求について
  2. 残業代請求の流れ
  3. 残業代請求に必要な資料
  4. サービス残業代の計算方法
  5. 残業代請求の留意点
  6. 管理職でも残業代請求は可能
  7. 固定残業制・各種手当が
    あっても残業代請求は可能
  8. 年俸制でも残業代請求は可能
  9. 残業の申請をしていない場合
  10. 残業の指示が無い場合
  11. 残業が禁止されている場合
  12. 弁護士費用・依頼に
    ついて
  13. 相談・依頼方法
  14. 弁護士費用
  15. 弁護士紹介
  16. 地図・事務所概要
  17. 無料相談申込み

残業代請求の流れ

お問合せ・無料相談の申込み

電話または「無料相談申込み」フォームに必要事項を記載のうえ直接当事務所にご連絡ください。

 

弁護士が直接必要事項をお聞きし、面談の日時の調整を行います(無料)。

 

詳しくは「相談・依頼方法」をご確認ください。

 

資料収集

面談までに、残業代請求に必要な資料をできる限りで結構ですので
収集しご準備ください。
事前に資料がありますと手続きがスムーズに進むことが期待できます。

 

詳しくは「残業代請求に必要な資料」をご確認ください。

 

事務所にて相談・打ち合わせ

予め調整しておいた日時に事務所にて相談・打ち合わせを行います(無料)。
その際に、事前にご準備いただいた資料をご持参ください。

 

手続の流れ・見通しについてご説明するとともに、弁護士費用について再度ご説明いたします。

 

相談・打ち合わせ、弁護士費用等について十分理解し、弁護士に依頼して残業代請求する場合には、弁護士との間で委任契約を締結いたします。

 

会社に対する残業代請求

ご持参いただいた資料をもとに、当事務所にて残業代を計算いたします。
計算結果に基づき算出された残業代を会社に対して内容証明郵便にて請求いたします。

 

請求に対し、会社側が保有している資料等の提出がありましたら、再度残業代を確定する作業を行い、同時に会社と交渉を進めていきます。

 

会社が真摯に対応し、残業代の支払いに合意した場合には、合意書を締結いたします。

 

合意書に基づき残業代の支払いがなされましたら無事手続は終了となります。

 

労働審判申立て・訴訟提起

会社側が真摯に対応しない場合や、解釈に相違があり任意に残業代を支払わない場合は、労働審判の申立て・訴訟の提起といった手段を検討し、最適な方法により残業代請求をしていきます。

 

審判・判決に基づき残業代を支払いましたら、無事手続は終了となります。

ご相談方法

「無料相談申込み」フォームから、または電話で当事務所までご連絡ください。

残業代請求について、弁護士が無料で相談に応じます。

電話で無料相談をご希望の方

以下の無料相談窓口に直接ご連絡ください。

電話での無料相談ははこちらから03-3265-4981(受付)

その際、「残業代のホームページを見て無料相談をお願いします。」とお伝えいただければ担当弁護士におつなぎいたします。


Eメールで無料相談をご希望の方

以下の無料相談申込みフォームから必要事項をご記載しメール送信してください。

折り返し、担当の弁護士がご連絡いらします。

無料相談の申込みはこちらから
(クリックしても、自動的に送信されることはなく、お問い合わせ・無料相談申込みフォームへ移動するだけなので、ご安心ください。)